カテゴリー: CentOS6

OpenLdapにLINUXユーザーアカウントを作ったけどその他の情報もLDAPに入れておきたかったので作ったSchema

/etc/openldap/schema フォルダーに ldapusers.schema を作成した。

attributetype ( 1.1.2.1.1.500.1
	NAME 'userName'
	DESC 'jp.compsys user name UTF8'
	EQUALITY caseIgnoreMatch
	SUBSTR caseIgnoreSubstringsMatch        <---- filter の部分文字列検索するためには必要か?!
	SYNTAX 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.15{200} )

attributetype ( 1.1.2.1.1.500.2
	NAME 'mailAddress'
	DESC 'jp.compsys email address'
	EQUALITY caseIgnoreIA5Match
	SUBSTR caseIgnoreSubstringsMatch
	SYNTAX 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.26{256} )

attributetype ( 1.1.2.1.1.500.3
	NAME 'mailAddressMobile'
	DESC 'jp.compsys mobile email address'
	EQUALITY caseIgnoreIA5Match
	SUBSTR caseIgnoreSubstringsMatch
	SYNTAX 1.3.6.1.4.1.1466.115.121.1.26{256} )

objectclass ( 1.1.2.1.1.100.1
	NAME 'personalInfo'
	DESC 'jp.compsys personal information'
	SUP top AUXILIARY
	MAY	( userName $ mailAddress $ mailAddressMobile ) )

/etc/openldap/slapd.conf にldapusers.schema を追加する。修正したら slapd を再起動する。

include		/etc/openldap/schema/nis.schema
include		/etc/openldap/schema/openldap.schema
include		/etc/openldap/schema/ppolicy.schema
include		/etc/openldap/schema/collective.schema
include		/etc/openldap/schema/ldapusers.schema    <-----ここ

javaで使うときは

 // objectClass(必須)
 Attribute attrObjClass = new BasicAttribute("objectClass");
 attrObjClass.add(0, "top");
 attrObjClass.add(1, "account");
 attrObjClass.add(2, "posixAccount");
 attrObjClass.add(3, "personalInfo");
 attrs.put(attrObjClass);

OpenLdapでメールアカウントを作る場合の dovecot の設定 mbox とmail_locationの設定

OpenLdapでメールアカウントを作る場合はhomeディレクトリを作成しない。
じゃあどこにメールを置くの?
メール自身は/var/spool/mail でよいがdovecotのmboxはどうすんの?ということで書いておきます。

まずmbox用フォルダーの作成

mkdir /var/spool/mbox
chmod 777 /var/spool/mbox

10-mail.confの編集

mail_location = mbox:/var/spool/mbox/%u:INBOX=/var/spool/mail/%u

これでよし!

CentOS6 OpenLDAPサーバで認証する。TLS接続しない場合

パッケージのインストールを行います。

# yum -y install openldap-servers  
# yum -y install openldap-clients  

基本的なファイルを用意する。

# rm -rf /etc/openldap/slapd.d  
# rm -rf /var/lib/ldap/*  
# cp /usr/share/openldap-servers/slapd.conf.obsolete /etc/openldap/slapd.conf  

confファイルを編集する。

vi /etc/openldap/slapd.conf  

内容を修正
OPenLdapに接続するときのパスワードはとりあえず secret にする。後でかえた方がいい

suffix          "dc=hogehoge,dc=com"  
rootdn          "cn=manager,dc=hogehoge,dc=com"  
rootpw          secret  

OS起動時にOpenLDAPを起動するようにする。
OpenLDAPを起動する。

# chkconfig slapd on  
# /etc/init.d/slapd start  

動いているかを確認する。OKならばよい。

# ldapsearch -x -D "cn=manager,dc=hogehoge,dc=com" -w secret  

ベースとなるDNを作成するためLDIFファイルを作成する。

# cat schema.ldif  
dn: dc=hogehoge,dc=com
objectClass: dcObject
objectClass: organization
dc: hogehoge
o: hogehoge

dn: ou=users,dc=hogehoge,dc=com
objectclass: organizationalUnit
ou: users

dn: ou=groups,dc=hogehoge,dc=com
objectclass: organizationalUnit
ou: groups

LDIFファイルをLDAPサーバにインポートする。

# ldapadd -x -D "cn=manager,dc=hogehoge,dc=com" -w secret -f schema.ldif  

LINUX をTSLなしでLDAP認証にするにはsssdを削除しておく。SSSDを使いたい場合はTLSの設定が必要。

# yum -y erase sssd

必要なパッケージを追加

# yum -y install pam_ldap nss-pam-ldapd

authconfig-tui コマンドでLDAP認証の設定をする

最初のページで以下のように設定
LDAPを使用
LDAP認証を使用
次のページで以下のように設定する
TLSを使用にはチェックをいれない
サーバー :ldap://127.0.0.1/
ベースDN :dc=hogehoge,dc=com

これで十分使える。

全自動マージャン卓
10万円未満で買える
折りたたんで収納


会社に1台

AMAZON